ゆるい減塩生活をつづるブログ

夫のために作っている減塩食の記録。私と娘(10歳&4歳)も同じものを食べてます。目標は1日塩分6g。日々作り続けている減塩食をつづります。

2019年9月20日の減塩食の献立

朝食

f:id:ushio-salt:20190924115136j:plain

・リーフレタス&トマト 塩分0.4g

重量はそれぞれリーフレタス30g、トマト89gあります。リーフレタスの方には、ジャネフのノンオイルドレッシング サウザン小さじ2(塩分0.4g)をかけました。

 

1食目安摂取量10ml=小さじ2=10.7g当たりの食塩相当量が0.4gと表記されています。

 

 ・スクランブルエッグ 塩分0.1g

卵3個をわりほぐしフライパンで半熟状になるまでかき混ぜながら加熱。3皿に取り分けて、1皿につきトマトケチャップ3g(塩分0.1g)をかけました。

 

使ったのはこちらの商品。大さじ1杯18gあたりの食塩相当量が0.6gと表記されています。

 

 ・無塩食パン+バター3g 塩分0.04g

ushio家の無塩食パンの作り方 - ゆるい減塩生活をつづるブログ

 

・食パン+マービージャム 塩分0.68g

 市販の食パン。6枚切り1枚あたりの食塩相当量が0.68gと表記されていました。

ジャムはいつものマービージャム。

 

・りんご

・カフェオレ 塩分0.12g

牛乳120mlで作りました。200mlの塩分が0.2gと表記されていたので、120mlの塩分は0.12gと計算しました。

 

マグカップなみなみに入ってしまったのは、コーヒーメーカーに入れた水が多かったせい。面倒くさくてこのマグカップでこれくらいかな~?と水を入れたら思いのほか多かった…

鬼太郎のマグカップで、ちょうどいい量を注ぐと目玉のおやじさんが表面に着地する絵が見えるのですが、この日は目玉のおやじさんが水没してしまいました…(´Д⊂ヽ

↓うまく表面に着地できたときの画像はこちら↓

2018年12月10日の減塩食の献立

朝食 塩分量1.34g

 

 

 

 

 

 

昼食

f:id:ushio-salt:20190924115419j:plain

・豚ロース肉とアスパラの塩炒め 塩分0.5g

薄切りの豚ロース肉が安かったので買いました。アスパラもあったし、アスパラベーコンみたいに豚ロースで巻いて焼こうかな?とも思いましたが、たぶん巻くとお弁当に隙間があく可能性がある…それに巻くときに糊代わりに小麦粉をまぶから白米をその分減らさないといけない…と考え、やめました。ただただ一緒に焼いただけにしました。

 

豚ロース肉199g≒4.9単位分、皮を剝いて食べやすく切ったアスパラガス72gをフライパンで炒め、塩ひとつまみ2回(塩分0.5g×2)で味付けしました。

半分を夫のお弁当に入れたので、塩分は 0.5g。

 

・もやしのポン酢和え 塩分0.3g

 9月19日の残り。

 

ブロッコリー胡麻マヨ和え 塩分0.305g

お弁当の隙間うめ用に茹でたブロッコリーを、副菜の1食分だけ取り分けて(重量はからず)マヨネーズ5g(塩分0.09g)と減塩しょうゆ小さじ1/2(塩分0.215g)と白ごまで和えました。

全部夫のお弁当に入ったので、塩分は 0.09g+0.215g=0.305g

 

使ったのはこちらの商品。大さじ1杯15gあたりの食塩相当量が0.27gと表記されています。

 

・冷凍枝豆15g 塩分0.012g

100gあたりの食塩相当量が0.8gと表記されている商品を使いました。15g入れたので塩分は0.012g。

 

ミニトマト

・白米200g

昼食 塩分量1.117g

 

 

 

 

 

 

夕食

f:id:ushio-salt:20190924115553j:plain

・鮭のトマトソース焼き 塩分0.75g

以前トマトソースもどきでピザを焼いたらこどもにウケたので、同じトマトソースで魚にのせて焼いたらおいしいんじゃないか?と考え実行してみました。

 

なすのさいの目切り86g、玉ネギのみじん切り95gをオリーブオイルで炒め、しんなりしたら、ケチャップ大さじ2(塩分1.2g)+塩ひとつまみ(塩分0.5g)+ガーリックパウダー適当で味付けしました。

トマトソースの全量の塩分は 1.2g+0.5g=1.7g

 

鮭3切れ(1切れ84g≒1.4単位分)はトースターで焼く。

焼きあがったら1切れずつアルミホイルにのせ、その上にトマトソース1/3量(塩分0.5666…≒0.57g)+とろけるチーズ10g(塩分0.18g)をのせてトースターでチーズが溶けるまで加熱する。

 

できあがった1切れ当たりの塩分は 0.57g+0.18g=0.75g

 

肝心の味ですが、…悪くはない。ものすごいマズイわけではないけど、なんだか魚くさくてトマトソースとうまく一体化できていない…

魚臭さを取るための「鮭を焼く前に少し塩を振って水分を取る」みたいな作業をしておけばうまくいく?

いや、鮭だからダメなのか?サーモンとかならいいのか?

 

わかりませんね。

料理下手な人間があんまりいろいろ手を出しちゃいけないね。

 

・サラダ 塩分0.3g

この1皿の野菜の重量は、キャベツときゅうり(淡色野菜)あわせて61g、トマト(緑黄色野菜)が22gありました。

鮭が2単位に満たなかったので、ゆで卵1/2個=1/2単位を足しました。

ジャネフのノンオイルドレッシング フレンチクリーミィ小さじ2(塩分0.3g)を別皿に添え、食べるときにかけるスタイルです。

1食目安使用量10ml=小さじ2=10.5gあたりの食塩相当量が0.3gと表記されています。

 

・白米200g

夕食 塩分量1.05g

 

 

 

 

1日の塩分量3.507g

※調味料の塩分量のみ計算しています。食材に含まれる塩分量は入っていません。加工食品などで食塩相当量が明記してある食材は計算に含みます。

 

 

 

 

<今回の調理に使った減塩調味料>

・寺岡家の減塩しょうゆ

 

www.teraokake.jp

 

 

 

・減塩げんたぽん酢

 

healthcareinfo.kissei.co.jp

 

 

 

・ジャネフ ノンオイルドレッシング サウザン

 

 

 

・ジャネフ ノンオイルドレッシング フレンチクリーミィ