ゆるい減塩生活をつづるブログ

夫のために作っている減塩食の記録。私と娘(10歳&4歳)も同じものを食べてます。目標は1日塩分6g。日々作り続けている減塩食をつづります。

2019年9月14日の減塩食の献立

この日は朝から夕方まで、家族でおでかけでした。

 

朝食

f:id:ushio-salt:20190922070724j:plain

・スライスきゅうり&カットトマト 塩分0.4g

この1皿にのっているきゅうりの重量は63g、トマトの重量は64gありました。

きゅうりには、ジャネフのノンオイルドレッシング サウザン小さじ2(塩分0.4g)をかけました。

 

 使ったのはこちらの商品。

1食目安使用量10ml=小さじ2=10.7gあたりの食塩相当量が0.4gと表記されています。

 

スクランブルエッグ 塩分0.1g

卵3個を割りほぐしたものを温めたフライパンに流し込み、半熟になったら火を止めて3皿に取り分ける。1皿につき、トマトケチャップ3g(塩分0.1g)をかける。

 

使ったのはこちらの商品。大さじ1杯18gあたりの食塩相当量が0.6gと表記されています。

 

 

・無塩食パン+バター3g 塩分0.04g

ushio家の無塩食パンの作り方 -

 

・食パン+マービージャム 塩分0.6g

 

・ダノンヨーグルト いちご1個 塩分0.07874g

4個パックで売られているものの1個を食べました。

 

1カップ75gあたりのナトリウム量が31㎎と表記されているので、塩分は
 31×2.54÷1000=0.07874g 

 

こちらのページ⇓ではナトリウム量を入力して「計算」をぽちっとするとすぐ塩分量に換算できますよ。

ナトリウム量(mg)から塩分相当量(g)を計算する - 高精度計算サイト

 

こちら⇓は扱いやすい数字に四捨五入されてでてきます。

ナトリウムを食塩量(塩分)換算する方法【簡単に!】

 

・コーヒー

朝食 塩分量1.21874g

 

 

 

 

昼食

お出かけ先で食べました。

唐揚げとか、焼きそばとか、そういう感じのやつでした。

昼食 塩分量不明

 

 

 

 

 

夕食

f:id:ushio-salt:20190922071147j:plain

・豚ひき肉とナスのカレー 塩分1.575g

家族でおでかけと言えば夕食はカレーでしょう。材料だけ切っておき、夕食は煮込むだけ。煮込むと言っても、ひき肉にみじん切りの野菜なのですぐできるヽ(´▽`)ノ

 

材料の豚ひき肉が1パック8.9単位あったので、もし1人2単位にするにはせめて4皿分にしたい。でも、市販のカレールーが冷蔵庫に3皿分しかなかったので、とりあえず3皿分で作って4皿分にわけました。

 

豚ひき肉357g≒8.9単位分、ナスさいの目切り215g、玉ねぎみじん切り103gをフライパンで炒める。

パッケージのレシピの水分量は6皿で750ml。3皿分だと水375mlですが、我が家の計量カップに5mlの目盛りはないので380ml入れました。

具材に火が通ったら火を止めて、カレールー3皿分を溶かしいれ、弱火で再加熱。トロミが付いたら完成。

 

1皿あたりの食塩相当量が2.1gと表記されていたので、全量の塩分は2.1g×3=6.3g

それを4皿分に分けたので、1皿あたりの塩分は 6.3g÷4=1.575g

 

・サラダ 塩分0.3g

この1皿にのっている野菜の重量は、ミニトマト3個で39g、きゅうりとキャベツを合わせて56g。

ジャネフのノンオイルドレッシング フレンチクリーミィ小さじ2(塩分0.3g)をかけていただきました。

1食目安使用量10ml=小さじ2=10.5gあたりの食塩相当量が0.3gと表記されています。

 

夕食 塩分量1.875g

 

 

1日の塩分量3.09374g+昼食分

※調味料の塩分量のみ計算しています。食材に含まれる塩分量は入っていません。加工食品などで食塩相当量が明記してある食材は計算に含みます。

 

 

 

 

<今回の調理に使った減塩調味料>

 

・ジャネフ ノンオイルドレッシング サウザン

 

 

・ジャネフ ノンオイルドレッシング フレンチクリーミィ