ゆるい減塩生活をつづるブログ

夫のために作っている減塩食の記録。私と娘(11歳&5歳)も同じものを食べてます。目標は1日塩分6g。日々作り続けている減塩食をつづります。

2020年1月15日の減塩食の献立

私のインフルの症状はほとんどなくなり

家事も通常通りこなせるようになりました。

ただ、発熱の日かから換算するとまだ感染力があるので

次女にうつさないよう気を付けております…

 

それと、年末からずーーっと

自分の身体を休めるときがなかったので

元気になったけれど

家事はペースダウンしようと思い、

今週はお弁当は作らない宣言をしました。

 

来週からがんばります。

 

--------------------------------------------------------------------------------------

朝食

f:id:ushio-salt:20200116114324j:plain

・キャベツの巣ごもり卵 塩分0.47g

千切りキャベツ255gを油をしいたフライパンで炒め、3か所くぼみをつくり卵3個を割り落とす。フタをして、卵が好みの固さになるまで加熱する。

3皿に取り分けて、1皿につき ウスターソース小さじ1(塩分0.47g)をかけました。

 

同じ皿にトマト43gを盛り付けました。

 

使ったウスターソースはこちら。

大さじ1杯15mlあたりの食塩相当量が1.4gと表記されています。

小さじ1の塩分は、 1.4g÷3=0.4666…≒0.47gと計算しました。

 

・無塩食パン+バター3g 塩分0.04g

ushio家の無塩食パンの作り方

 

・食パン+マービージャム 塩分0.68g

市販の食パンです。6枚切り1枚あたりの食塩相当量が0.68gと表記されています。

 

・みかん

・カフェオレ 塩分0.12g

牛乳120mlで作りました。200mlの食塩相当量が0.2gと表記されているので、120mlの塩分は0.12gと計算しました。

 

朝食 塩分量1.31g

 

 

 

 

昼食

お弁当はお休みして、社食を食べてもらいました。

昼食 塩分量不明

 

 

 

 

夕食

 本当は冷蔵庫にあったサバを使いたかったけれど、

私がインフルで寝込んでいる間に傷んでしまいました…

食材をダメにすることほど 主婦として悲しいことはない…オカネノムダ(ノД`)・゜・。

魚を揚げれば夕食完成!というところまでできていたので、

急遽冷凍庫にあったブリで代用です。

f:id:ushio-salt:20200116115758j:plain

・ブリの竜田揚げ&さつまいもの素揚げ 塩分0.62g

ブリ2切れの骨と皮を取り食べやすく切る。

1皿あたり4個に分けられ、1皿分の重量を量ると61~62g=2単位分になり、ちょうどよかった!

ボウルに減塩しょうゆ大さじ1(塩分1.3g)とチューブの生姜3g(塩分0.009g)を混ぜて、その中に切ったブリを入れてよく揉みしばらく置く。

 

使ったのはこちらの商品。
10gあたりの食塩相当量が0.03gと表記されています。

 

 その間に フライパンに油を入れ、油が冷たい状態でさつまいもの輪切り274gを入れてじっくり素揚げする。

 

さつまいもが揚がったら、ブリに片栗粉大さじ1をまぶし油で揚げる。

 

さつまいもは全量274gを、1皿あたり1/4量ずつ盛り付ける。

(用意するお皿は3皿だけど、次女はさつまいもが大好物なので次女用に別皿に盛ります)

ブリは全部で12個、3皿に分けて1皿4個分盛り付けるので、

1皿あたりの塩分は

(1.3g+0.009g)÷3=0.436333…≒0.44g

 

夫の皿には、さつまいも274gの1/4量、ブリ4個、キャベツの千切り36gとシソの千切り1枚分、ミニトマト21gを盛り付けました。

キャベツには、ジャネフ ノンオイルドレッシング焙煎ごま小さじ1(塩分0.2g)をかけていただきました。

 

1食目安使用量10ml=小さじ2=10.5gあたりの食塩相当量が0.4gと表記されています。

 

 ブリの竜田揚げの塩分 0.44g + ドレッシングの塩分0.2g =0.62g

 

・みそ汁 塩分0.8g

地元から持ち帰った味噌をどんどん使おう&献立を考えるのを休もうという目的で

しばらくは夕食におみそ汁を付けようと思っております。

 

この日の具材は、大根165g、ほうれん草124g。

水300ml、お塩控えめのほんだし3g(塩分0.42g)で大根を煮て、大根に火が通ったら、味噌20g(100gあたりの食塩相当量が9.9gと表記されているので、20gは1.98g)を溶かし入れる。最後に、茹でて水気を絞り食べやすく切ったほうれん草を入れて完成。

 

3皿にとりわけたので、1皿あたりの塩分は (0.42g+1.98g)÷3=0.8g

 

使ったのはこちらの商品。

1gあたりの食塩相当量が0.14gと表記されています。

 

・白米150g

白米と同じ表1食品のさつまいもと片栗粉を使ったので、その分の白米を減らしましょう。

というところですが、

この記事を書いている今まで片栗粉のことをすっかり忘れて、

さつまいもの分しか減らしていませんでした(´Д⊂ヽ

 

皮付のさつまいもは70g=1単位。274g≒3.9単位分。1/4量を食べたので0.97単位分…およそ1単位。

白米1単位分50gを、夕食の指示単位4単位分200gから減らして150g、と計算しました。

 

片栗粉大さじ1=0.5単位分。それを3皿に分けたので、0.166...約0.17単位分。

 

さつまいもの0.97単位分と片栗粉の0.17単位分で1.14単位分。

1単位50gの1.14単位分は57g。

なので、200g-57g=143g となるはずでした…。

ま、7gの白米の差は、1口分もないけどね(笑)

 

夕食 塩分量1.42g

 

 

 

 

1日の塩分量2.73g+昼食分

※調味料の塩分量のみ計算しています。食材に含まれる塩分量は入っていません。加工食品などで食塩相当量が明記してある食材は計算に含みます。

 

 

 

 

<今回の調理に使った減塩調味料>

・寺岡家の減塩しょうゆ

大さじ1杯15mlあたりの食塩相当量が1.3gと表記されています。

 

 

www.teraokake.jp

 

 

・お塩ひかえめのほんだし

1gあたりの食塩相当量が0.14gと表記されています。