ゆるい減塩生活をつづるブログ

夫のために作っている減塩食の記録。私と娘(10歳&4歳)も同じものを食べてます。目標は1日塩分6g。日々作り続けている減塩食をつづります。

2018年10月4日の減塩食の献立 気になる本

朝食

暗い画像ですね。

最近、お日様が出るのが遅くなりました。

f:id:ushio-salt:20181005054449j:plain

 ・野菜とたまごのスープ 塩分0.7g

ほぼ毎朝作っている野菜とたまごのスープの作り方 - ゆるい減塩生活をつづるブログ

・無塩食パン+バター3g 塩分0.04g

ushio家の無塩食パンの作り方 - ゆるい減塩生活をつづるブログ

・梨

・カフェオレ

朝食 塩分量1.34g

 

 

 

 

昼食

 同じ日の朝なのに、朝食を撮影した朝6時過ぎと 昼食を撮影した朝7時で この明るさの差。

f:id:ushio-salt:20181005054505j:plain

・カジキマグロのフライ 塩分0.33g

カジキマグロ3切れを、小麦粉大さじ2→残った小麦粉を水で溶いたもの→パン粉20g(塩分0.2g)の順に衣をつけて、油で揚げました。

半量(1切れと半分)が夫のお弁当に入ったので、塩分は0.1g。

そこに、ウスターソース小さじ1/2(塩分0.2333…≒0.23g)をかけたので

塩分は 0.1g+0.23g=0.33g

 使ったのはこちらのウスターソース

 

・キャベツのおかかポン酢和え 塩分0.1025g

キャベツ194gを刻んで茹で水気を絞る。かつおぶし1/2袋(塩分0.01g)と減塩ポン酢小さじ2(塩分0.4g)で和えました。

4食分になったので、1食分の塩分量は (0.01g+0.4g)÷4=0.1025g

 

・オクラのしょうゆ和え 塩分0.215g

オクラ1袋90gを茹でて刻み、減塩しょうゆ小さじ2(塩分0.86g)で和えました。

4食分になったので、1食分の塩分量は 0.86g÷4=0.215g

 

ブロッコリー

ミニトマト

・白米190g

小麦粉やパン粉を使っているので白米を減らさねば。でもあんまり減らすと

お弁当箱の中のご飯がスカスカになってしまう。

ということできもーちかるーく1口分減らしました。

昼食 塩分量0.6475g

 

 

 

夕食f:id:ushio-salt:20181005054519j:plain

 ・豚肉の生姜焼き 塩分0.43g

生姜焼き用の豚肉が安く売っていました。

長女の給食がこの日お魚メニューだったので、夜は肉メニューに。

生姜焼き用の肉をフライパンで焼いて3皿に盛り付け。

同じフライパンの油をさっと拭いて、玉ねぎ1/2個90gをスライスしたもの、ショウガ(チューブで2㎝位)を炒め、減塩しょうゆ大さじ1(塩分1.3g)+みりん小さじ2で味付けし、3皿のお肉の上に乗せました。

1皿の塩分は 1.3g÷3=0.43g

 

ショウガが効いていたからか、1人あたりのしょうゆは小さじ1ですが

充分おいしくいただきました。

長女が「おいしかった!また作って!」と。

久々の「おいしかった」発言に 

えっ( ゚Д゚)…そっかぁ(ノД`)・゜・。となりました。

 

 

・サラダ 塩分0g

1皿に盛り付けた野菜は、リーフレタス30g、トマト48g。

ジャネフのノンオイルドレッシング焙煎ごま を準備しておりますが、ドレッシングを使わずに 生姜焼きに巻いたりして食べました。

 

・ほうれん草のポン酢和え  塩分0.2g

ほうれん草1袋175gを茹でて水気を絞り切る。3皿にもりつけ、1皿あたり減塩ポン酢小さじ1(塩分0.2g)をかけました。

 

・白米200g

夕食 塩分量0.63g

 

 

 

1日の塩分量2.6175g

※調味料の塩分量のみ計算しています。食材に含まれる塩分量は入っていません。加工食品などで食塩相当量が明記してある食材は計算に含みます。

 

 

 

<今回の調理に使った減塩調味料>

www.teraokake.jp

 

 

healthcareinfo.kissei.co.jp

 

 

 

塩発言の多い長女ですが、心に思ったことをそのままぶつけてくるだけなのです。

主に私には。(外ではものすごくうまくやっているようです)

それがわかっていても 腹が立つ(笑)

 

心に思ったことをそのまま…ということは

普段の食事が本当においしくないということなのですが

毎食毎食毎日毎日 長女の合格点をもらえるような食事を作り続けられるかといえば

ノーです。ノーですよ。ノーなのです。

 

無給無休で一生こんなことやってられるかぁぁぁ( ゚Д゚)

と言いたくなる日もあるわけです。

 

最近いろんなブログで拝見するこちらの本が気になって

図書館で借りようとしたら、どちらも予約20人待ちでしたよ。

 

 

 

読んでみたい・・・